「人、もの、情報」が行き交う魅力あふれる産業文化創造圏。
医師確保奨学金(医学生奨学金・研修医奨学金)貸付制度




一定期間を東濃地域の指定医療機関で勤務した場合、貸付金の返還を免除します!


  医師不足が深刻化する中、東濃5市(岐阜県多治見市、瑞浪市、土岐市、中津川市、恵那市)では『東濃地域医師確保奨学資金等貸付制度』を平成20年度にスタートさせました。これは将来、東濃地域の指定医療機関において、医師として地域医療に従事する意志がある方に対して、修学上必要な資金を貸し付けるという制度で、この地域の医師の確保を図ることを目的としています。平成27年度奨学生も含めて43名の意欲に燃えた奨学生に貸付を行っています。

 ※本事業は岐阜県市町村振興補助金の補助を受けて実施しています。(平成19年度・平成20年度)

制度のしくみ



将来、医師として東濃地域で活躍してみませんか?
平成28年度奨学生を募集します。
※今年度の応募は締め切りました。


医師を目指す医学生のみなさんへ


あこがれの医学部に合格!
夢への第1歩を踏み出したら、
次のステップは『奨学資金の申請』という方も多いのではないでしょうか?


『医師になりたい!でも思ったより学費がかかる…。』
『医師になったら、東濃地域で勤務したい!』
『私たちの町にもっとたくさんのお医者さんが来て欲しい!』
そんな声から生まれたのが、『東濃地域医師確保奨学資金等貸付制度』です!


平成28年度奨学生の応募受付は4月1日(金)から
です。
『奨学金の借り入れ、どうしようかな?』とお考えの未来のお医者さん、

あなたの力を待っている人が、市が、病院があります!

募集の概要
申し込み受付期間 平成28年4月1日(金) から 平成28年5月20日(金)
貸付予定人数 4名程度 
貸付金額 月額20万円 (大学1年生に限り、入学加算60万円あり)
貸付期間 6年間を限度とします 
全部返還免除 医師として貸付期間と同期間を東濃地域の指定医療機関で勤務した場合、貸付金の返還を免除します。 また、小児科、産科、産科の診療に従事する産婦人科、麻酔科の医師として勤務した場合、貸付期間の3分の2の期間で返還を免除します。(ただし、貸付期間にかかわらず、最低3年間は勤務しなければなりません。)
一部返還免除 医師として1年以上東濃地域の指定医療機関で勤務し、上記の勤務期間に満たない場合、勤務した期間分返還を免除します。
返還  奨学金の返還の場合、貸付金と貸付日から返還の事由が生じた日までの日数に対し年10%の利息を一括で返還しなければなりません。また、納期限までに納付されなかった場合、別途年5%の利息が加算されます。
臨床研修  臨床研修先の指定はありませんので奨学生の希望する医療機関で臨床研修を受けることができます。なお、瑞浪市内定者は東濃厚生病院、土岐市内定者は土岐市立総合病院、中津川市内定者は中津川市民病院、恵那市内定者は市立恵那病院で臨床研修を受けた場合、期間の2分の1の期間を勤務期間に含めます。
専門研修  償還猶予の決定を受けた奨学生は、専門研修を内定先医療機関以外でも受けることができます。なお、内定先医療機関で専門研修を受けた場合、専門研修の期間を勤務期間に含めます。

その他
 
・原則、勤務先及び診療科は被貸付者として決定する際に、内定します。将来勤務を希望する医療機関については、病院見学を行う等、充分に下調べを行って下さい。ただし、診療科は内定した医療機関が認めたときに、勤務先は内定した医療機関と、変更したい指定医療機関が認めたときは、変更が可能です。
・原則、通算して貸付期間の2倍に相当する期間を上限に、内定先医療機関に勤務しないことができます。
 ・出産や怪我・病気等の場合、返還の猶予を受けることができます。
 ・詳細は『平成28年度奨学生募集要領』をご覧下さい。
・応募に必要な様式(所定のもの)は、本ホームページからダウンロードして下さい。
『東濃地域医師確保奨学資金等貸付条例』『同施行規則』(本ホームページ下部『制度』を参照のこと)をご精読いただき、制度をよくご理解いただいた上で、応募して下さい。
・選考会(面接)は6月11日(土)に実施する予定です。詳細は締め切り後、応募者全員にお知らせします。

平成28年度募集にかかる『募集要領』と応募に必要な様式集        

募集要領 平成28年度 募集要領
受入可能な
診療科一覧
平成28年度 受入可能な診療科一覧 
意向調査票  【ワード形式】
記入例
大学生用  貸付申請書・推薦調書ダウンロード(大学生用) 【ワード形式】  
 記入例
大学院生用 貸付申請書・推薦調書ダウンロード(大学院生用) 【ワード形式】 
研修医用 貸付申請書・研修実施計画書・推薦調書ダウンロード(研修医用) 【ワード形式】
健康診断書  定められた様式はありません。健康診断を受けた病院所定の証明書でご提出下さい。くれぐれも検査項目の漏れがないようご注意下さい。
<検査項目>身長、体重、
色覚、血圧、視力、聴力、内科的所見、X線所見、その他の疾患・異常

制度 応募の前に必ずご精読ください

東濃地域医師確保奨学資金等貸付条例 
東濃地域医師確保奨学資金等貸付条例施行規則 
東濃地域医師確保奨学資金貸付等選考委員会設置要綱

指定医療機関(外部リンク)    あなたの『病院のこと、もっと知りたい!』に応えます!

※病院見学、大歓迎です。興味のある方はお気軽に病院にお問合せ下さい。

東濃厚生病院
土岐市立総合病院  
市立恵那病院  国民健康保険上矢作病院 
中津川市民病院  国民健康保険坂下病院 
多治見市民病院
→多治見市民病院の募集はありません。  
 

過去の応募・決定状況



平成28年度応募・決定状況
 平成27年度応募・決定状況(2次募集)
 平成26年度応募・決定状況(2次募集)
 平成26年度応募・決定状況(1次募集)
 平成25年度応募・決定状況
平成24年度応募・決定状況
平成23年度応募・決定状況(2次募集)
平成23年度応募・決定状況(1次募集) 
平成22年度応募・決定状況 
平成21年度応募・決定状況 
平成20年度応募・決定状況 


学生の皆さん、届出をれていませんか?
   奨学資金等の貸付を受けている皆さんは、償還免除が確定するまでの間、様々な届出を行う必要があります住所を変更した時、大学を卒業した時、医師免許を取得した時・・・、 『しまった!届出を忘れてた!』がないように時々チェックしてみて下さい。
  下表のいずれかに該当する場合は、所定の様式に必要事項を記入し、ただちに東濃西部広域行政事務組合に届出を行って下さい。
なお、書類には必ず連絡先(昼間に連絡の取れる電話番号や電子メールアドレス等)をご記入いただきますようお願いします。

   ※各種届出に関する詳細は、『東濃地域医師確保奨学資金等貸付条例施行規則』に定められていますので、ご確認下さい。

こんなときには・・ こんな届出が必要です 
 1 年度当初に交付申請を行うとき  交付申請書(様式第11号)   記入例
 2 奨学資金等の振込みを受けたとき  受領書(様式第12号)   記入例
 3 奨学資金等の最終交付を受けたとき  借用証書(様式第13号) 
※連帯保証人の署名が必要です。
 記入例
 4 大学又は大学院を退学し、休学し、復学し、卒業し、若しくは修了し、又は停学の処分を受けたとき   届出書(様式第23号)  

その該当する事実を証する書類を添付

※当該事実の発生後、直ちに届出を行うこと
   
 記入例
 5 臨床研修又は専門研修を中止し、休止し、再開し、又は変更したとき 
※開始する際も提出してください。 
 6 奨学資金の貸付けを受けることを辞退するとき  
 7 大学又は大学院における修学、臨床研修又は専門研修に堪えない程度の心身の故障を生じたとき 
 8 氏名又は住所を変更したとき 
 9 医師の免許を取得したとき 
 10 業務に従事したとき又は業務に従事している指定医療機関に変更があったとき 
 11 連帯保証人の氏名、住所若しくは職業に変更があったとき又は死亡その他連帯保証人として責任を負うことができない事由が生じたとき 
 12 大学院に進学する場合、専門研修を受ける場合、留年した場合  償還猶予申請書(様式第20号)  記入例 
 13 指定医療機関における業務に従事しようとする場合  指定医療機関勤務申出書(様式第14号)
※おおむね
6箇月前までに提出のこと 
記入例 
 14 指定医療機関における業務に従事を終了しようとするとき  指定医療機関勤務終了申出書(様式第15号)
※6箇月前までに提出のこと
 
記入例 
 15 指定医療機関での勤務を終了し、奨学資金等の償還の免除を受けようとするとき  奨学資金等償還免除申請書(様式第16号
<添付資料>
①業務に従事した指定医療機関の名称、期間及びその期間内に休職した期間がある場合はその期間を証明する書類(業務従事証明書 様式第17 号) 
②死亡または退職の理由及び年月日を証明する書類
記入例



記入例
 16 連帯保証人の変更を希望する場合  連帯保証人変更願(様式第8号)   記入例

ご不明な点は、お気軽にお問い合せ下さい。

            電話:0572-22-1111(代表) 内線1331


Get! Adobe ReaderPDFファイルはWWWブラウザでインラインで閲覧することができる文書形式です。アドビシステムズ株式会社のAdobe Readerのサイトから閲覧に必要なプラグインを無償で入手できます。

▲ページトップに戻る