「人、もの、情報」が行き交う魅力あふれる産業文化創造圏。

消費生活相談


有資格の相談員による消費生活相談窓口を開設しています。


  多様化する悪質商法による被害、訪問販売・通信販売等における事業者とのトラブルなどの消費生活に関
する諸問題に対応するため、東濃西部広域行政事務組合では、多治見市、瑞浪市、土岐市の消費生活相談
窓口に消費生活相談に関する資格を持った専門相談員を派遣する巡回相談事業を実施しています。
  専門相談員が、皆さんからの消費生活に関するさまざまなトラブルなどの相談に応じます。

個人情報・相談内容の秘密厳守ですのでご安心ください。


消費生活施策に関する管理者表明

 皆 様 へ

 東濃西部広域行政事務組合では、東濃3市の住民の皆様が安全に安心して暮らせる環境づくりが重要であると考え、消費生活相談窓口を充実し、適切な助言による問題解決や、トラブルの未然防止に努めてきました。
 これからも、身近で安心してご利用いただける窓口とするため、相談体制を強化し、啓発活動の推進などに努めていきたいと考えております。

H29年1月

                      東濃西部広域行政事務組合

                                管理者 多治見市長  古川 雅典



  巡回相談日や相談方法など、詳しくは次の通りです。


 相談日 多治見市(毎週月・金曜日)、瑞浪市(毎週火曜日)、土岐市(毎週木曜日)
※祝・休日、年末年始(12月29日~1日3日)を除く。 
 相談時間 午前10時から正午、午後1時から午後4時
※相談時間は、お一人60分を目安とさせていただきます。
 相談員 消費生活専門相談員
※消費生活相談に応じるために一定水準以上の知識と能力を持ち合わせていると、独立行政法人国民生活センターの理事長が認定する者
 対象 3市に住所を有する方 
 相談内容 消費者が商品を購入し、またはサービスを利用する場合に生ずる安全、衛生、品質、計量、価格、表示、広告、契約等に関するトラブル 
 相談方法 面談・電話、メールによる相談
※面談・電話相談は要予約。ただし、専門相談員が相談中でなければ、予約がなくても相談に応じます。
 予約方法 次の各市消費生活相談窓口に電話で予約してください。
・多治見市  くらし人権課 ℡22-1111(内線1154・1155)
・瑞浪市  生活安全課 ℡直通 68-9748 代表 68-2111(内線341・342)
・土岐市  まちづくり推進課 ℡54-1111(内線186)

※予約は住民登録地の相談窓口で受け付けます。相談者に特別な事情がある場合は、住民登録地以外での相談に応じます。
 相談料 無料
※ただし、電話相談による通話料、メール相談の通信料は相談者負担となります。

Clickメール相談はこちらをクリックしてください


ご不明な点は、東濃西部広域行政事務組合または各市消費生活相談窓口へお問い合わせください。

・啓発活動
・見守り情報
・お知らせなど
・関連リンク
  岐阜県県民生活相談センター
  国民生活センター
  消費者庁

Get! Adobe ReaderPDFファイルはWWWブラウザでインラインで閲覧することができる文書形式です。アドビシステムズ株式会社のAdobe Readerのサイトから閲覧に必要なプラグインを無償で入手できます。

▲ページトップに戻る